高麗人参比較高麗人参比較

高麗人参で二日酔い予防

楽しい夜の飲み会や晩酌。
飲んでいる間は楽しいばかりですが、その翌日に待っているのは二日酔いと、それに伴う後悔です。
「昨日あんなに飲まなければ良かった・・・」と後悔をしたことがある人は、どれほど多いことでしょうか。

そんな辛い二日酔いの症状を、
健康食品として知られている高麗人参が予防してくれるということをご存じでしたでしょうか。
普段から高麗人参を摂取していたり、飲み会の予定があるときに摂取したりすることで、
その効果を得ることができるのです。

そもそもアルコールによる酔いというのは、どのような仕組で起こるのでしょうか。
酔いには2つのパターンがあります。

1つ目はアルコールの麻酔作用によって、興奮状態があらわれるというパターンです。
普段、抑制している気持ちが緩和されるため、喜怒哀楽が激しくなることが多いようです。

2つ目はアルコールを肝臓で分解することによって発生する、
アセトアルデヒドという毒性の強い物質による酔いのパターンです。
酔うことによって顔が赤くなったり吐き気が起こったり、頭痛を引き起こしたりという不快な症状は、
このアセトアルデヒドの毒性によるものなのです。

アセトアルデヒドは、
その後、肝臓でアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれるものの作用で無害な物質へと変化させられます。
そうして最終的には水と二酸化炭素に分解され、汗や尿となって身体の外へ排出されるのです。

私たちが二日酔いと呼ぶ症状は、後者のアセトアルデヒドによる酔いが原因で起こります。
肝臓で処理しきれないほどのアセトアルデヒドが溢れてしまうことで、血液中に流れ出してしまい、
全身を巡り大脳の嘔吐中枢を刺激し、吐き気や頭痛を招いてしまいます。
アセトアルデヒドが体内から抜けない限り、吐き気や頭痛といった二日酔いの症状は治まりません。

高麗人参には、このアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素を増加させる作用があります。
そのため、アルコールの分解を早く行ってくれるようになり、二日酔いしにくくなります。
ですから、飲み会や晩酌前のときに一緒に高麗人参のエキスなどを摂取することで、
二日酔い防止として役に立つのです。

また、普段から日常的に高麗人参を摂取することで、
より肝臓に負担をかけずにアルコールを分解できるような身体にすることができます。
ですので、飲み会が多いという人やアルコールが好きだという人には特にオススメです。


↑には高麗人参に含まれる有効成分の働きについて詳しく掲載されています。 是非ご覧ください。